新しいアイデアを出し続けるには?

こんばんは、松本泰二です。

新しいアイデアを出し続けるためにも、自分の 頭の中の情報を常に更新する必要があります。

 

例えば、新しいサービスを1つ知ったとします。

そうすると、頭の中に、そのアイデアに関する 記憶がインプットされ、次に自分が

別のアイデアを 考えるときの材料となるのです。

 

また、このようにして得た情報を、ほとんど そのままの形で応用出来る場合も少なくありません。

アイデアとは、既存の要素のアレンジなのですから、 世の中のアイデアはすべて、他の何かを参考にしたもの だと言っても過言ではありません。

これは悪いことでもなんでもありません。

 

人は知らず知らずのうちにも、何かを 参考にしてアイデアを考えています。

ゼロから何かを生みだすのは不可能なのです。

 

だから、新しいアイデアを考え続けるためには、 他人が考えたアイデアや、世の中にある

今まで 知らなかったものの記憶を、自分の頭の中に インプットし続けましょう。

 

この、「インプットし続ける」ということは、 意識するのはなかなか難しいことですが、

良いアイデアを出すためには不可欠な行為です。 毎日勉強しましょう。

 

忙しい日々をぬって積極的に街へ出て、 人に会いましょう。 「本当に使えるアイデアを出す」ためには、常に自分の 脳内をアップデートさせることが必要なのです。    

 

 

追伸  

次回の、『起業アイデア会』開催予定日は以下になります。  

3時間で起業アイデアを手に入れる!  

アイデアに困らない能力を身につけたい。 そう考えているなら是非参加ください。

【レペテイション】無料メルマガを購読


起業アイデアの発想はもちろん、ビジネスの立ち上げに至るまで、起業に必要な「技術」が学べるサイトです。事業を立ち上げたい方に有益な情報が満載!基礎から学べる無料メルマガ配信中!

スポーツでも、芸道、華道、茶道、武道などにおいても、「基本の型を反復する」ことは大変重視されます。基礎ができているから創造的な仕事ができるようになり、基本が身についているから応用が利く。何でもそうですよね。ドラゴンボールの悟空だって、修行する時は腕立てや腹筋と基本からするわけです。それで基本が身について、はじめて「パワーアップしたカメハメ波」ができるわけです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

松本 泰二

1978年12月 東京都練馬区生まれ。O型。アイデア創出の支援を専門にアイデア創出戦略家として活動。ほぼ毎日、誰かとブレストをしています^^。ほぼ毎週、起業アイデアを出すワークショップを開催しています。