アイデアを生み出すために、考える時間を作る。

●アイデアを生み出すために、考える時間を作る。

こんばんは、松本泰二です。

アイデアを生み出すために、
「考える時間を作る」こと。

発見に出会えるチャンスをより多く
準備しておくことが大切です。

あえて暇な時間を作ってみる。

そうすると、考える時間がとれるだけでなく、
偶然の発見に行き当たったりする。

見えるものだって変わってくる。

こういうコツを頭に入れたうえで、物事の関連性を
発見するための方法をお教えします。

それは、ひたすら「見る」こと。

家の中でも、通勤途中でも、インターネットでも、
どこでもとにかく見続ける。

それから、「なんかすごいな」と思ったら、
インデックスをしておく。

自分の趣味ではないものでも、それは同じです。

対象となる物事をただ見つめているだけでは、

関連性は浮かびがって来ませんし、何が
後で結びついてくるか分かりません。

メモ書きでも、ポストイットでも、スマホの
アプリでも、なんでもいいですから、

とにかく見つけたものを、曖昧な形でもいいから、
常に自分の目に留まるところに置いておく。

ここで大事なのは、

「ただ眺めているだけではだめだ」
ということ。

ただボーッと見ているだけでは、
何も浮かんできません。

「周りの人に何か影響を与えたい」
「世の中をもっと上手く機能させたい」

こういう貪欲な気持ちが、アイデアを生みだします。

 

追伸
 
次回の、『起業アイデア会』開催予定日は以下になります。
 
3時間で起業アイデアを手に入れる!
 
 
アイデアに困らない能力を身につけたい。
そう考えているなら是非参加ください。

【レペテイション】無料メルマガを購読


起業アイデアの発想はもちろん、ビジネスの立ち上げに至るまで、起業に必要な「技術」が学べるサイトです。事業を立ち上げたい方に有益な情報が満載!基礎から学べる無料メルマガ配信中!

スポーツでも、芸道、華道、茶道、武道などにおいても、「基本の型を反復する」ことは大変重視されます。基礎ができているから創造的な仕事ができるようになり、基本が身についているから応用が利く。何でもそうですよね。ドラゴンボールの悟空だって、修行する時は腕立てや腹筋と基本からするわけです。それで基本が身について、はじめて「パワーアップしたカメハメ波」ができるわけです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

松本 泰二

1978年12月 東京都練馬区生まれ。O型。アイデア創出の支援を専門にアイデア創出戦略家として活動。ほぼ毎日、誰かとブレストをしています^^。ほぼ毎週、起業アイデアを出すワークショップを開催しています。