Repetition(レペテイション)ブログへ  ようこそ!

book-863418_1281

このサイトは、必要な時に、必要な記事を閲覧すれば課題が解決するように、あなたにとってビジネス成功への足掛かりになるよう「起業の教本・教科書」を目的として作られています。▼まずは序章からお読みください。

 


blind-823530_1281 ▼目的と目標の違い。本当のゴールを見失わないために!

あなたが起業する前にじっくり考えてほしいことの1つに「自分の本当のゴールを設定しておく」ことがあります。ここでは「本当の」という単語がキーワードです。

blind-823530_1282▼成功を引き留めるブレーキ

「成功」の道へは多くのハードルがあります。成功できるはずなのに自分でそれを知らないうちに止めてしまうブレーキを踏んでいる可能性があるのです。

blind-823530_1283 ▼起業家・経営者が陥りやすい4つの思い込み!

成功させることを目指すあなたが陥りやすいものについてお伝えしていこうと思います。

 

 

blind-823530_1285▼起業で失敗することは悪いことなの?人と違うことは悪いことなの?  

気付きづらく陥りやすいメンタルブロックについてお話ししていきたいと思います。

blind-823530_1286▼成功する人たちはどのような考え方を持って起業し会社を経営しているのか

成功する人たちはどのような考え方を持って起業し、会社を経営しているのか。今回は3点、大事な考え方をお伝えしたいと思います。

blind-823530_1287▼成功する人の考え方として重要な3点のうち、残りの2つについて!

今回は成功する人の考え方として重要な3点のうち、残りの2つについてお話していこうと思います。

 

会社の設計図

blind-823530_1289 ▼経営の仕組作り。「経営を組み立て」ていくにはどうしたらよいのか?

起業をしていく上でどのように計画し、どのように進めていけばよいのか。経営を組み立てようと思ったら今から述べる4つのことについて是非考えていただきたいと思います。

blind-823530_1290▼起業家・経営者のタイプ別で見る強みと特徴。自分のタイプは?

あなたが自分の最大の強みを自分で理解し、それを武器にして経営に生かしていく。どういった特徴を持っているものなのか自分がどういったタイプに属しているのかということについて。

blind-823530_1291起業はチームでやった方がいい!何故チームがお勧めなのか?

起業は必ずしもチームで行う必要はない。1人で事業を立ち上げて運営していくことだって可能です。1人で会社経営を行うことは全然否定はしないです。しかし、何故チームでの事業運営をあなたにお勧めするのか?

blind-823530_1292 
▼起業前に将来採用したい人・チームの理想像を明確にしておく!

チームを作っていく際の要素についてお伝えしていきます。実はチームを作っていく際の要素には3大要素と呼ばれる3つの要素があります。

blind-823530_1293

▼起業資金を得る代表的なルートと、小さな会社が目指すべき収益率

小さな会社が目指すべき収益率について。また、会社にとって悩ましくそして最も大切な資金調達の代表的な8つのルートについてもお伝えしようと思います。

 

顧客を設定する

blind-823530_1294▼顧客に価値を感じてもらい満足してもらう為には顧客設定が必須!

顧客の目に留まり、記憶に残る会社となるために。今回はそんな分野を獲得するためにどうしたらよいのか、その方法論と自社の顧客をどう設定していけばいいのか?

blind-823530_1295▼顧客の声を集めるフィードバックの意味を理解しビジネスに反映する

世に出した途端にヒットする商品などほとんどありません。お客様からの反応に応じて、改良を重ねてやっと世の中に受け入れられる商品になります。そのため必要なこととは?

 

商品作成

blind-823530_1297▼商品力とは…ニーズを満たす三つの法則

顧客を満足させるには彼らのニーズを知らなければなりません。しかし、このニーズを知るのは簡単ではありません。そこで、ニーズを的確に知るための三つの法則を紹介しましょう。

blind-823530_1298▼より深いニーズを発掘すること

商品を作る際には、顧客の「ニーズとウォンツ」、この両面を同時に満たせることが必要です。「機能的に」顧客のニーズを満たせるからと言って、必ずしもその商品が顧客に選ばれ必要とされる「ウォンツ商品」となるわけではありません。

play-stone-1237458_1281-728x381▼商品を圧倒的に有利に展開するポジショニング

市場があって、消費者がいて、ターゲットがあり、競合商品がある中で、自社の商品をどこに位置させるか(あるいはイメージさせるか)を考えて差別化を図る戦略。 

 

apple-1594742_1281-728x381▼事例に見るポジショニング&リポジショニング

漠然とイメージすることはできても、具体的にどうすればいいのかが分かりづらい部分があります。そこで、実際にポジショニング&リポジショニングで実績を上げた例を紹介してみましょう。

sky-background-1077084_1281-728x381▼ポジショニングマップの作り方の要点を解説!

市場を分析して既存の競合品の位置を知り、空白地帯に斬り込む力を持った自社商品を開発するためには、このポジショニングマップが大きな武器となるのです。

big-data-1515036_1281▼自社のポジショニング/競合品・類似商品を分析して優位のポジションを得る

商品の価値というものはほとんどの場合、相対的なものです。絶対的な価値を持つ商品は皆無とはいいませんが、非常に少ないと思って いいでしょう。ポジショニング&リポジショニングのためには競合品・類似商品を把握しておかなければなりません。

 

stamp-143192_1281-728x381▼商品の売れ行きを左右するネーミングの作り方!
商品が売れるか売れないかを決定づける大きな要素の一つとしてネーミングがあります。ここでは小さな会社の皆さんの役に立ついくつかの参考事例を紹介してみましょう。
children-1499274_1281-728x381▼伝達力がなければモノは売れない!商品の価値を正確に伝える伝達力とは?

 いいモノを作っていれば黙っていても売れるんだという意識。現代はそうではありません。よほど飛び抜けた技術や希少価値がない限り、がないとヒットには結びつきません。