道具の使い方は分かっても、肝心の道具を持っていない

●道具の使い方は分かっても、肝心の道具を持っていない

こんにちは、松本泰二です。

 

本屋さんに行くと、「発想法」について書かれた 本がたくさん並んでいますね。

手に取ったことのある方も多いでしょう。

 

でも、それで必ずしも発想力が豊かになった わけではないと思います。

発想法の本を読み終わった途端、アイデアが 次から次へと湧き出てくる……

そんなことはない。

 

 

なぜなら、それは、 「道具の使い方は分かっても、肝心の道具を持っていない」 状態だから。

 

道具とは、言うまでもなく、自分の中に蓄積された 情報であり、知識であり、経験です。

それらが自分の中にどれだけストックされているか。

 

自分の中にどれだけ引き出しがあるか。 繰り返しますが、それが一番重要なんです。  

 

 

 

追伸  

次回の、『起業アイデア会』開催予定日は以下になります。  

3時間で起業アイデアを手に入れる!    

アイデアに困らない能力を身につけたい。 そう考えているなら是非参加ください。

【レペテイション】無料メルマガを購読


起業アイデアの発想はもちろん、ビジネスの立ち上げに至るまで、起業に必要な「技術」が学べるサイトです。事業を立ち上げたい方に有益な情報が満載!基礎から学べる無料メルマガ配信中!

スポーツでも、芸道、華道、茶道、武道などにおいても、「基本の型を反復する」ことは大変重視されます。基礎ができているから創造的な仕事ができるようになり、基本が身についているから応用が利く。何でもそうですよね。ドラゴンボールの悟空だって、修行する時は腕立てや腹筋と基本からするわけです。それで基本が身について、はじめて「パワーアップしたカメハメ波」ができるわけです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA