起業の現実、楽して稼げるわけではない

ネットビジネスをしている人の発信を見ると、「自分は苦労していない」という主旨のアピールが

多いことに気がつくでしょう。

そもそも彼らのビジネスモデルは不労所得なので、働いている姿を見せることはイメージに
合わないのかもしれません。

 

けれど彼らの言うように「寝ながら」「メールを書くだけ」で本当に稼げるのでしょうか?

私はそうは思いません。現に私は、普通のサラリーマンより働いています。
その上で、彼らよりも多くの稼ぎを得ているのです。

起業してしばらくは苦労が必要

67e7b2f77db8d4f2ad42d7dd79e8ce9c_s5
稼いでいる人は他人よりも働いている、と聞くと夢がないと思うかもしれません。ネット上では
「簡単」「楽して」などの文言が溢れていて、そちらの方が耳触りはいいでしょう。

私が言うように「苦労して稼ぐ」なら「ネットビジネスじゃなくても同じじゃないか」と
思われてしまいます。

それでも、ネットビジネスでの起業には必ず一定以上の苦労が必要、という事実に変わりはありません。

 

考えてみてください。

サラリーマンであれば、会社の名前や実績に守られた状態から取引を始めることができます。
もしあなたが失敗しても会社が補償してくれるので、そういう点を鑑みて取引に応じる会社も
少なからずいるでしょう。

 

起業したらそうはいきません。

まず自分の力で相手から信頼を勝ち取る、そこから始めるのです。商品を売り込むまでの
道のりの長さは、想像できるはずです。

商品を売り込んで成約が取れないと、お金を得ることはできません。
その成約を取るための苦労が大変です。

 

すぐに取れるものではありませんし、取れる保証もありません。それでも自分一人の力でやっていく、
それが起業をするということです。最初のうちは収益がゼロの月も珍しくありません。

この間はただ自分を信じて、苦労していくしかないのです。

 

私のところにはよく「ネットビジネスを教えてください」と言ってくる人がいます。
そういう人には今のような苦労話を聞いてもらいます。

そうすると、楽に稼げると思っていたのに……とがっかりする人がいます。けれどそういう人は
まず成功しないので、私が教えるだけ無駄です。

私の話を聞いて幻滅したなら、お互いのために帰ってもらいます。

 

難しいのは、楽したい一心で私を頼ってきたわけではない人です。
「世間の役に立てるビジネスを実行したい」

と考えている人も一定以上いて、彼らの志はとても高いものです。それを否定したくはありません。

けれどやはり私は、同じ話を聞いてもらいます。もっと具体的に、誰も頼れる人がいないことや
最初のうちはほとんど休みが取れないことまで教えます。

 

志が高い人でも

「今より忙しくなるのは辛い」

「自分の時間はしっかり取りたい」

と考えている人が多いので、ここで青ざめる人がほとんどです。

 

それでも、そのくらい覚悟がないと成功できないという事実に変わりありません。自分の生活から
徹底的に無駄を省いて働き続ける、これが起業を成功させる秘訣だからです。

遊びに行く暇はなく、プライベートの時間もなくなります。それが一年以上は続きます。
そういう生活を続けていく覚悟が必要です。この覚悟がない人はサラリーマンを続けた方がいい、
というのが私の考えです。成功しないのに起業をしても無駄だからです。

 

けれど考えて欲しいのは、私は「そういう生活が一生続きます」とは言っていない点です。
一年以上と言います。

これは最低でも一年という意味で、うまくいけば二年目から状況は変わります。

つまり私が訊いているのは、これからの一生をサラリーマンとして生きていくのか、辛い一年を
過ごした後に起業家として成功するのか、どちらかだということです。

 

起業すると一生辛いとは言っていません。一年というのは、一生の間で見ると短い時間です。
その間に人より苦労する覚悟はあるか訊ねているのです。それができないなら、人と違う
結果は出せません。

 

夢が詰まった部分を、自分の苦労で埋める

67e7b2f77db8d4f2ad42d7dd79e8ce9c_s6
ネット上にたくさんある情報商材系では、ここまで厳しいことは言いません。
なぜなら「夢を見られる」こと自体が商材の一部だからです。

仕事はできないけどネットビジネスでここまで稼げた、という体験談を聞くと誰でも
「いつかは自分も」と夢を見ることができます。その夢も込みで、情報商材は買われています。

では、その商材で本当に稼げるでしょうか?

一部に夢を含んでいるということは、その部分はあなたの空想で補っているのと同じです。
中身が無い部分です。その中身の現実が、あなた自身の苦労なのです。そしてその部分を
どう作り上げるかは、あなたの苦労次第です。

だから私は「稼ぐには苦労が必要だ」と言います。一年以上の時間を休みもプライベートもなしで
苦労し続けることができれば、起業は成功します。

一度成功してしまえば、実際に働く時間は削ることができます。お金をかけるリスクはサーバー代の
月300円くらいで、収益が発生します。ネットビジネスの利点は初期投資が少ないことです。

 

成功に至るまでが辛いということを知っていれば、最初のうちの苦労を我慢することも辛くないでしょう。

そしてネットビジネスの利点はもう一つ、人から指図をされないことです。苦労は必要ですが
内容は自分で決めることができ、動けば動くほど収益が上がる実感があります。

私は趣味に没頭する時間と同じ感覚で働いているので、苦労してもそれほど苦痛だと感じません。
人から指図をされなくても動けて没頭できる人が、起業に向いているということが分かって
もらえるでしょうか。

 

楽して稼ぎたい、という人は起業に向いていません。

自分の時間を犠牲にする一年を過ごす覚悟と、苦労を苦労と感じないほど自分を信じて
進むことができる人なら、起業してネットビジネスで成功することができるでしょう。

 

【レペテイション】無料メルマガを購読


起業アイデアの発想はもちろん、ビジネスの立ち上げに至るまで、起業に必要な「技術」が学べるサイトです。事業を立ち上げたい方に有益な情報が満載!基礎から学べる無料メルマガ配信中!

スポーツでも、芸道、華道、茶道、武道などにおいても、「基本の型を反復する」ことは大変重視されます。基礎ができているから創造的な仕事ができるようになり、基本が身についているから応用が利く。何でもそうですよね。ドラゴンボールの悟空だって、修行する時は腕立てや腹筋と基本からするわけです。それで基本が身について、はじめて「パワーアップしたカメハメ波」ができるわけです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

松本 泰二

1978年12月 東京都練馬区生まれ。O型。アイデア創出の支援を専門にアイデア創出戦略家として活動。ほぼ毎日、誰かとブレストをしています^^。ほぼ毎週、起業アイデアを出すワークショップを開催しています。