アイデアそのものに価値はない?

こんばんは  

創造的な活動、「想い」をカタチに!をコンセプトに

アイデア創出プロデュースをしている松本泰二です  

 

アイデアそのものには、実は それほど価値がありません。

「えっ?」 「松本さん、起業アイデア会ってアイデアを出す ワークショップをいつもやってるじゃないですか?」 「はい。やってます。でも、 本当そうなんです。」

 

アイデアが生まれた、そのあとに伴う行動。 そこにこそに本当の価値があるんです。  

例えば特許を出すということ一つにしても、 かなり煩雑な行動をしないと取れないわけです。 だから、何か行動を起こすことで、 はじめてアイデアが価値を持つ。

 

・セミナーに出ても ・ワークショップに参加しても、

・アイデアを思いついても、

多くの人は、それで満足しちゃって 1番重要な行動をしない。  

 

日々浮かぶ発想がいくら沢山あっても、 動かなければ形にならないし、

人に伝えなければ意味が無い。  

 

そして、その結果、それを見た人たちがどう 変化したかが一番重要なところです。

観た人が生き方を変えるぐらいの コンセプトを作れるか。 それが一番大切です。  

 

使えるアイデアを出すためにも、常に 知識をアップデートさせましょう。

頭の中にある記憶や考え方のパターンに ないことを、考えることはできません。  

 

新しいアイデアを出し続けるためにも、 自分の頭の中の情報を常に更新しましょう。

 

そして、動きましょう!   正解なんてないんです。

動いてはじめて、それが 確認できるんですから。   

【レペテイション】無料メルマガを購読


起業アイデアの発想はもちろん、ビジネスの立ち上げに至るまで、起業に必要な「技術」が学べるサイトです。事業を立ち上げたい方に有益な情報が満載!基礎から学べる無料メルマガ配信中!

スポーツでも、芸道、華道、茶道、武道などにおいても、「基本の型を反復する」ことは大変重視されます。基礎ができているから創造的な仕事ができるようになり、基本が身についているから応用が利く。何でもそうですよね。ドラゴンボールの悟空だって、修行する時は腕立てや腹筋と基本からするわけです。それで基本が身について、はじめて「パワーアップしたカメハメ波」ができるわけです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

松本 泰二

1978年12月 東京都練馬区生まれ。O型。アイデア創出の支援を専門にアイデア創出戦略家として活動。ほぼ毎日、誰かとブレストをしています^^。ほぼ毎週、起業アイデアを出すワークショップを開催しています。