USPを効果的に使って存在感をアピールしよう!

MATSUMOTO
こんにちは、松本泰二です。

USPは、マーケティング用語の一つとして最近よく聞かれます。

USPをわかりやすく言いかえると、「独自の売り、独自の強み」ということになります。

みんなと同じことをしてもしょうがないと思うんですね。どうでもいい存在になってしまいます。
「私はこれだ!」というアピール、つまりUSPを提案するべきです。

ナンバーワンしか印象に残らない鉄則

マーケティングの世界では鉄則があります。一番にならないと存在意義がないということです。

なぜなら、消費者にはナンバーワンの姿しか見えないからです。

 

それぐらい、マーケティングの世界ではナンバーワンであることが重要です。

車の世界を例にあげましょう。

安心感を持てることで想像するのはだいたいトヨタが多いでしょう。ランクの高いものがほしい
と思うなら、ベンツを選ぶ方が多いのではないでしょうか。その世界でのナンバーワンが決まっ
ていると、そこへ下っ端から攻めていっても何年かかるかわかったものじゃないし、何年費やし
ても追いつくことさえないかもしれません。

 

同じ仕事をしている会社が、トヨタが売りにしていることで攻めて行っても
追いつく可能性は低いでしょう。

トヨタが売りにしている内容をさらに世の中に知らしめることになってしまい、さらに差を
つけられることになることが目に見えています。

 

あなたが手がける事業においてのUSPは、トヨタが売りにしていること以外にしたほうが、
成功しやすいと思いませんか。

あなたが手がけている事業のUSPを考えよう!と、いざ挑むことを考えると、そんなこと
できるのかなあと思ってしまうかもしれません。

心配のしすぎです。誰も想像のつかないことをやれと言っているのではないのです。

 

例えば、夜中にしか営業しないおにぎり屋さんなんてどうでしょう。しかも、二時間だけ。

短時間でしかも夜中なのに、お客さんはちゃんと来るんです。おにぎり屋さんが真夜中に
営業して、どうしてもそのおにぎりを買いたいと思う人たちが並んでいる。

 

奇妙だけれど、興味が湧きますよね。

興味をひくような特徴があるからこそ、人々はその店に魅力を感じます。日中に営業
しているどこにでもあるおにぎり屋さんでは、ほかと差がつけられません。

普通のことに人は目をとめません。真夜中に営業しているから、興味をひかれるのであり、
誰かに伝えたくなるのです。営業時間が違うだけで、そのお店のUSPとして力を
発揮します。

店員の個性でお客さんを惹きつける店もあります。お客さんを雑に扱うのに人気がある店が
関西に存在します。

 

接客というものは丁寧であるべきですが、多少、嫌な目にあっても行ってみたいという
心理が勝ってしまう店があるのです。たぶん、怖いもの見たさなんでしょうね。

 

もちろん、商品がすばらしいからこそできるワザです。たくさんの人がその店に並んでいると
なると、さらに多くの人に伝えたくなるのが日本人の性質でしょう。

商品でまず戦って、あとは個性でナンバーワンになる。お店は個性を一番にして商売をして
いるわけではないのです。

ただ、この個性がこの店のUSPとなり、いろんなところで話のタネになったのは、
結果として悪くない状況をもたらしたといえるのではないでしょうか。
 

人を驚かせるようなものじゃなくてもいい

bodybuilder-646482_1922

何を売りにするかと決める時に、必ずしも人を驚かせるようなものでなければならないと
まじめに考えなくても大丈夫です。

品物の内容で真っ向から戦うんだ!と意気込んでいては、その世界ではすでに
ナンバーワンがいますし、それができるのはすでにある大きな会社だけです。

たとえ、そんなに大きな会社じゃなくても、マーケティングによっては、大きな会社と
同じくらいの結果を残せることができます。

 

時期をかえたり、店の個性を打ち出すのもいいでしょう。案外、その口コミで人気を得る
ことができます。これが商売の面白いところでもあります。

利益を出せないのは、あなたの作ったものじゃなくても、ほかのものでもいいのがあれば
ほかのを選ぼうと、消費者に思わせてしまうからです。

ほかと違う魅力を持たせるだけで、利益は大幅に上がります。

 

同じことをしている会社を見てみましょう。

誰も気づいていない領域をそこで探しましょう。ちょっとしたことでもいいんです。それを
見つけたら、小さな分野でまず一番になりましょう。

あなたの住んでいる地域で話題ナンバーワンを獲得するんです。

 

まずは、狭い世界でいいんです。

そこでナンバーワンになれば、事業の展開が進んでいきます。パフォーマンスを重視し、
おもしろいことをやっちゃいましょう!

ものづくりはもちろん大切です。ただ、そのあとの展開がさらに重要になります。柔軟な
想像力が必須となります。ちょっとした想像力があれば、同じようなことをしている会社と
差をつけることができます。

確固たるUSPを生み出し、存在感を提示することが事業展開に効果を生み出します。

【レペテイション】無料メルマガを購読


起業アイデアの発想はもちろん、ビジネスの立ち上げに至るまで、起業に必要な「技術」が学べるサイトです。事業を立ち上げたい方に有益な情報が満載!基礎から学べる無料メルマガ配信中!

スポーツでも、芸道、華道、茶道、武道などにおいても、「基本の型を反復する」ことは大変重視されます。基礎ができているから創造的な仕事ができるようになり、基本が身についているから応用が利く。何でもそうですよね。ドラゴンボールの悟空だって、修行する時は腕立てや腹筋と基本からするわけです。それで基本が身について、はじめて「パワーアップしたカメハメ波」ができるわけです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

松本 泰二

1978年12月 東京都練馬区生まれ。O型。アイデア創出の支援を専門にアイデア創出戦略家として活動。ほぼ毎日、誰かとブレストをしています^^。ほぼ毎週、起業アイデアを出すワークショップを開催しています。